アンガーマネージメントでは怒りは収まらなかった


前回、アンガーマネージメントという、怒りを抑える方法について書きました。
アンガーマネージメントとは。怒りを収めるというところで書きましたが、簡単に言うと、怒りが起こった時に、6秒数えると怒りが消えるというものです。

これ、はっきり言って、私には効きませんでした。いや、小さな怒り、たぶん元々そんなに怒っていない起こりに対しては、これは効きます。でも本当に心の底から怒りがわいているときは、アンガーマネージメントは効きませんでした。

ではどうやって怒りが静まったかというと、怒りの対象に怒りをしっかりとぶつける。これしかありません。もちろん上司など、はっきり言えない場合もあるでしょうが、言えるときは言ったほうがすっきりしますし、言えないで我慢していると家に帰っても、その怒りは収まらず、いつまでたってもストレスがたまり体によくありませんでした。

結局、怒りの対象にその思いをぶつけない限り、私の怒りは収まらないこともありました。

しかし、やはり心が落ち着ているときはあまり怒りもわかないという事実もありました。

なのでアンガーマネージメントは、私の結論として、
「最も心の底からの怒りは6秒数えたくらいではなくなりはしない。」
でした。
怒りが起こらないようにいつも心にゆとりを持つことが大切かなと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました