アプリケーションソフトをスタートアップに登録する方法 Windows8 Windows8.1

アプリケーションソフトのスタートアップ登録 Windows8 windows8.1

Windows7まではスタートボタンにスタートアップという項目があり、そこにパソコンの起動とともに、起動したいアプリケーションのリンク(ショートカット)を入れておくと、パソコンの起動時に自動的にアプリケーションを起動するようにできます。

しかし、スタートボタンの廃止された、windows8・windows8.1では、スタートアップのフォルダがないために、スタートアップ項目を設定することができません。

そこで、スタートアップの登録方法を見ていきたいと思います。

【スタートアップ設定】

スタートアップの設定するには隠しファイル、隠しフォルダーを表示する必要があります。初期の設定では見ることができません。

隠しファイル、隠しフォルダーを表示

スタートアップを設定したいユーザーでWindowsにログインします。

ログイン

デスクトップ表示

エクスプローラー

<表示>タブ→<隠しファイル>にチェックを入れる

ログインしたら、【デスクトップ】表示にします。
スタートアップ設定windows8.1

エクスプローラーを起動します。(左下の黄色いフォルダで右クリック)
スタートアップ設定windows8.1

スタートアップ設定windows8.1

エクスプローラーが起動したら表示タブの隠しファイルのチェックを入れる(クリックする)
スタートアップ設定windows8.1

スタートアップのフォルダへ移動

「ローカルディスク(C:)」

「ユーザー」

「ユーザー名(ログインしているユーザーアカウント名)」

「AppData」【ここが隠しフォルダになっているので普通は見ることができない】

「Roaming」

「Microsoft」

「Windows」

「スタートメニュー」

「プログラム」

「スタートアップ」

「ローカルディスク(c:)」をダブルクリックで開きます。
スタートアップ設定windows8.1

「ユーザー」をダブルクリックで開きます。(アイコンの形が違う場合があります。)
スタートアップ設定windows8.1

「ユーザー名(ログインしているユーザーアカウント名)」をダブルクリックで開きます。
スタートアップ設定windows8.1

「AppData」【ここが隠しフォルダになっているので普通は見ることができない】をダブルクリックで開きます。
スタートアップ設定windows8.1

「Roaming」をダブルクリックで開きます。
スタートアップ設定windows8.1

「Microsoft」をダブルクリックで開きます。
スタートアップ設定windows8.1

「Windows」をダブルクリックで開きます。
スタートアップ設定windows8.1

「スタートメニュー」をダブルクリックで開きます。
スタートアップ設定windows8.1

「プログラム」をダブルクリックで開きます。
スタートアップ設定windows8.1

「スタートアップ」この中に、パソコンを起動したときに
スタートアップ設定windows8.1

このウィンドウの中に起動したいプログラムのショートカットにコピー(移動)します。

実際に設定したアプリケーションがPCの起動とともに起動するか確認

実際に設定したプログラムが起動とともに、起動するかを確認するためにWindows(OS)を再起動します。

Windowsが起動したら設定したアカウントでログインし、【デスクトップ】を表示します。
無事起動していれば成功です。
これでスタートアップ設定は完了です。

以上、「スタートアップの設定」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました