Microsoft Office のメインストリームサポートと、延長サポートとは何か。

まず、Officeのサポート期限についてみていきます。

Officeのサポート期限一覧

バージョンメインストリームサポート期限延長サポート期限
Office 20192023年10月10日2025年10月14日
Office 20162020年10月13日2025年10月14日
Office 2016 for Mac2020年10月13日なし
Office 20132018年4月10日2023年4月11日
Office 2011 for Mac2017年7月10日なし
Office 20102015年10月13日2020年10月13日

メインストリームサポートとは

メインストリームサポートとは、セキュリティ更新プログラムの提供や仕様変更といった主要なサポート業務を提供するサポートを言います。

メインストリームサポートの期限が切れると、Officeで新しく追加される機能が使えなくなります。Officeを使っていると、いつの間にか機能の仕様が変わっているって思ったことありませんか?これがメインストリームサポートです。

延長サポートとは

メインストリームサポートが切れると次に提供されるのは延長サポートになります。

延長サポートで提供されるのは主にセキュリティ更新プログラムとなります。 

セキュリティ更新プログラムとは、簡単に言うと、「脆弱性」や「バグ」への対応のみということになります。延長サポートの期限が切れると、ほぼそのあとのセキュリティのアップデートがされなくなるため(よほどの脆弱性が発見されない限り)、ウイルス感染や情報漏洩などのリスクが高まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました