iPhoneで撮った写真がパソコンで見れない。HEIC画像ファイルをJPGに変換する方法 忘備録

.heicを.jpgに変換する方法

iPhoneから送った写真がパソコンで見れない

iPhoneから送った写真がパソコンで見れないという話をよく聞くようになりました。
iPhone6s発売から結構時間が経ち、新しいiPhoneに買い替え、この現象に気付く方が多いようです。
これの原因は、使用するiPhoneの端末がiPhone7以降かつiOSバージョンが11以上ある場合におきます。
iPhone7以降かつiOSバージョンが11以上の場合、写真を撮ると、写真の保存形式がHEICというものに標準で設定されます。

HEICとは

HEICファイルとは
HEIC(High Efficiency Image File Format)とは、ファイルの保存形式です。
写真は、実は色々な保存形式があります。よく使われているのは。jpegというものです。これは昔から使われているファイル形式で、ほぼ世界のパソコンやスマートフォンで、何も設定せず確認することができます。
iPhoneが新しく採用したHEICファイル形式とはiPhone7以降かつiOSバージョンが11以上からの高効率な画像のファイル形式です。
iPhoneで撮影した画像をPCで見たら、拡張子を表示してみると、.HEICの拡張子がついています。
この拡張子ですが、iPhone7以降かつiOSバージョンが11以上という比較的新しい画像の形式のため、Windowsや、Andoroidなど、他のOSは対応していない場合があるので、白いファイルになって、画像を見ることができません。

HEIC画像ファイルをJPGに変換する方法

保存形式を.ipegにする方法

まずは、写真を撮った時に、.HEICではなく、今まで通り、.jpegで保存する方法です。

  1. iPhoneの設定「歯車アイコン」をタップ
  2. カメラをタップ
    HEICファイル
  3. フォーマットをタップ
    HEICファイル
  4. 互換性優先をタップ
    HEICファイル

    HEICファイル

以上の設定でこれから先の写真は.jpeg形式で保存されるので、どなたに送っても、相手方が見えなくなることはなくなると思います。

撮った写真を.jpegに変化する方法

すでにHEIC形式で保存したものをiPhone上で、iPhoneアプリをインストールして、.jpegに変換する方法です。
残念ながら、現在無料で評価もたくさんあり、高評価の多いアプリはありません。
言ってしまうと‎「HeicToJpg:高速コンバータ」というアプリがありますが、これは直ぐに課金するよう催促されたりするアプリらしく、評価がよくありません。
一応リンクを貼りますが、2020年4月12日現在ではあまりオススメしません。

「HeicToJpg:高速コンバータ」

「ImageConverter」こちらのアプリは一応開発者が日本人ぽいのと、まだ少ないですが、高評価があるので、一応載せておきます。

「ImageConverter」

複数画像にも対応していますし、HEICからjpegだけでなく、HEICからPNG、jpegからPNGなどにも対応していますので一度使ってみてください。
HEICファイル変換

HEICファイル変換

HEICファイル変換

HEICファイル変換

コメント

タイトルとURLをコピーしました