ワードアート「変形」の『枠線に合わせて配置』→【上アーチ】にすると印刷時、文字の上の部分が切れる。

ワードアート「変形」の『枠線に合わせて配置』→【上アーチ】印刷見切れる

忘備録として書いておきます。
「Word2013、Word2016、Word2019のワードアートで、変形を上アーチにした場合、うまく印刷されないのですが、どうすれば、印刷されるようになりますか?」
というものです。

上アーチの設定

設定

まず、実際にどうなっているのか見てみましょう。
ワードアート「変形」の『枠線に合わせて配置』→【上アーチ】とはどのようなものでしょうか。

こんな感じで、上円弧のようなものです。
設定の仕方は

  1. ワードアートをクリック
  2. 書式タブをクリック<
  3. 『ワードアートのスタイルグループ』の【効果】をクリック<
  4. 変形
  5. 『枠線に合わせて配置』の中の【上アーチ】

と順番にクリックしていきます。
なんとなくわかるように四角で囲みました。

印刷で見切れる

これを印刷プレビューで見てみると、

こんな感じで、上部が見切れます。
Word上では見切れていませんが、
このまま印刷すると、見切れた状態で印刷されてしまいます。

そのため、上アーチを設定した後は、細かい設定を変えないと、好み切れた状態は直りません。

見切れないようにする設定

では、どう設定するのかというと、

  1. ワードアートをクリック
  2. 書式タブ
  3. 『ワードアートのスタイルグループ』の【文字の効果の設定】 → 作業ウィンドウが右に開く
  4. テキストボックス(レイアウトとプロパティという名前の場合もあります、画像参照)をクリック
  5. 全体の手順はこんな感じです。

上の図の最後の『上余白』これです。
ここの設定が、0.26mmになってます。これが原因です。
<設定>
この上余白を約 『7㎜』 に設定にすればOKです。
編集画面に見えている文字がテキストボックスの中に入りました。

<印刷>
印刷プレビューで見て見ても

ということで見切れずに印刷することにできました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました