googleリモートデスクトップ(remotedesktop) インストールできない PC版chromeアプリ終了


少し古い話ですが、あまり知られていない話なので、Googleは、chromeアプリ自体を終了するようです。

米Googleは2016年8月19日(現地時間)、Windows/Mac/Linux向けのChromeアプリの提供を終了させる計画を明らかにした。段階的に縮小しながら、約1年半後にサポートを完全終了させる。Chrome OSでのサポートは継続する。

ChromeアプリはHTML5、CSS、JavaScriptで構築されたWeb技術ベースのアプリで、WebブラウザChromeやChrome OSで使用できる。パッケージ型アプリとホスト型アプリの2種類があるが、Chrome OS以外のプラットフォームではどちらも終了になる。パッケージ型は、ブラウザの外側で独立したアプリのようにふるまい、またオフライン機能に優れる。Web技術ベースのアプリの短所を埋めるようなアプリになっているが、GoogleによるとWindows/Mac/Linuxでパッケージ型アプリをアクティブに使用しているユーザーは約1%にとどまる。一方、ホスト型アプリについては、その大部分がWebアプリとして動作するようになっており、Webアプリが十分な代替になる。

今後のスケジュールは、年内に新規のChromeアプリの提供がChrome OSのみに絞り込まれる。既存のChromeアプリについては、この段階では全てのプラットフォームでアクセスでき、またアップデートの提供も行われる。2017年下半期にWindows、Mac、LinuxのChromeウエブストアからChromeアプリが除かれる (機能拡張とテーマの提供は継続)。2018年の初めにWindows、Mac、LinuxでChromeアプリのサポートが終了、Chromeアプリをロードできなくなる。

という発表がありました。実はリモートデスクトップだけでなく、chromeアプリ自体が終わってしまうということです。今までとてもお世話になっていたソフトなので大変残念ですが、リモートデスクトップ自体はまだまだ使えるということなのですが、新しくchromeをインストールした後、自分の家のPCなどにアクセスしようとして、リモートデスクトップアプリをインストールしようとすると、インストールができなくなりました。

ということで、
どうしたら引き続きリモートデスクトップを使うことができるかといいますと、
Webアクセスるようになりました。
下記アドレスにアクセスすると、引き続きgoogleリモートデスクトップが使えます。今まで使っていた方も引き続き、今までのリモートデスクトップアプリと同じように使えますので、アドレスを控えておいたほうがいいかもしれません。
googleリモートデスクトップ Web版
https://remotedesktop.google.com/
どっちでも同じです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました