11月14日の夜は空を見上げよう。70年ぶりスーパームーン

満月 スーパームーン
11月14日の夜は空をみてみよう。晴れていれば、滅多に見られない特別なスーパームーンが夜空に輝きます。

スーパームーンとは

スーパームーンとは
月が一年で最も地球に近づくときの満月」です。一年で最も地球に接近するため、月が一年で一番大きく明るく見えるときです。
毎年1回は地がづいているので、じつはスーパームーン自体は珍しいことではありません。数年前にも結構騒がれましたが。
しかし今回ほど地球に近づくのは、1948年1月26日以来約70年ぶり、そして次にこれほど地球に近づくのは2034年11月25日だ。

NASA(米航空宇宙局)によると、月が地球から最も離れる地点にある満月と今回のスーパームーンを比べると14%程大きく、30%ほど明るく見えるといいます。
その大きさと明るさは、地平線に近い地点に月がある時に、特に目立つということなので、11月14日はぜひ空を見上げて月を見てみよう。
2016年11月14日の天気 スーパームーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました