中池袋公園で大木伐採!!東京マンガ・アニメカーニバルinとしま2014

池袋の豊島区役所近くに「中池袋公園」(東池袋1-16-1)があります。

昼間は結構人が休んでいたり、昼ご飯を食べていたり、夜はダンスの練習している人やもちろん休んでいる人もいる結構利用者の多い公園です。
最近は、近くにアニメの店舗もできていつもわさわさしています。私は結構通過するだけなのですが、この間の18日木曜日、夕方通っていると、何やら工事をしているようでした。
141218-141821_R

ひたすらチェーンソーのウィーンという音が池袋の建物の間に響いています。

近づいてみてみると、公園の中の木を切り倒した後、根を無くしているところでした。
141218-141826_R

何があったのかはわかりませんが、いきなり木を切り倒したようです。

ココの木は確かさくらと銀杏だった気がします、普通の講演とおんなじです。でも結構な太さまで気が育っていたのは確かです。

ほかの木を見ても、人の身体より太くなってますからね。
141218-143103_R141218-143040_R

あ~あ~かわいそうに。。。大きく育って、僕らのために日陰を作ってくれていたのにあっという間に人間の都合で切り倒して。。。とおもってその日は通り過ぎました。

その次の日、なぜ切り倒したのか理由がわかりました。
141219-175857_R

イベント会場にするのに邪魔だったということです、
「東京マンガ・アニメカーニバルinとしま2014」という題。。。。アニメ。。。まあいいんですけどね。アニメは昔よく見てましたから。
言いたかったのはそこではなく、今まではこの公園結構イベントに使われることありましたが、その時は周りの木をよけるようにイベント会場を作っていましたが、
とうとう、邪魔だということで気を切り倒したということ。ほんとに身勝手だなということ。

公園は、区民、池袋に遊びに来た人たちの憩いの場であり、イベントをやる1日2日のためではないと思うのですよね。
切るのは1日、育つまでは20年以上かかると思います。

森の中の間伐ではないのだから、そこのところをもう一度よく考えながら切ってほしかったなと思います。
また、池袋が下火になった時、公園に間隔のおかしい場所があったら、一時の流行のために切り倒した場所だと思ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました